がん免疫治療 がんと診断され、これから手術を受けられる患者さまへ
細胞性免疫・酸化傷害度検査
医薬品を用いての免疫治療
免疫細胞治療
細胞性免疫  これから手術を受けられる患者さまは、手術によって本当に完全に治癒できるのかどうか不安をお持ちになることもあると思います。そこで当院では、治療を開始される患者さまに、治療の前後に細胞性免疫の状態を把握されることをお勧めしています。
 手術前の細胞性免疫検査で異常が指摘されても、手術でがんが完全に取り除くことができれば、術後、細胞性免疫は正常に回復します。しかし、目に見えない形での取り残しや転移などがあれば、手術後も細胞性免疫は正常に回復してくれないことが多いのです。手術の前後で検査をすることは再発や転移の危険度を察知するのに役立つと言えます。
医薬品を用いての免疫治療  手術が決定している患者さまに関しては、手術前に、医薬品を用いての免疫治療は原則的には必要ないと考えています。むしろ、手術後の対応が重要となってきます。
 手術は術前の予想と異なる結果に終わることもあり、手術の結果と細胞性免疫の検査結果をもとに今後の治療プランを立てる必要があります。その際、医薬品の併用も検討する必要があると考えられます。具体的には、免疫を強める働きの注射剤、抗酸化作用の強い注射剤に通常での再発予防策(抗がん剤、放射線など)をどのように組み合わせていくかということになります。
免疫細胞治療  医薬品を用いた免疫治療と同様で、手術前には原則的に免疫細胞治療の適応はないと考えています。手術後、手術の結果と細胞性免疫の検査結果をもとに免疫細胞治療の適応を考え、適応があれば、どのような免疫細胞治療を選択するかを決定すべきだと思います。手術後、再発・転移の可能性が少ない患者さまには、LAK治療、NK治療をお勧めしています。
 また、先に免疫細胞治療の種類について述べましたが、その中で最もがんを抑える効果が強いのはCTL治療です。もし、手術時の自分のがん細胞を保存することができれば、将来不運にしてがんの再発・転移が起こったとしても、保存しておいた自分のがん細胞を使ってCTL治療が可能になります。当院では、事前にご相談があった患者さまにはがん細胞保存をお勧めしております。ご希望があれば、当方より主治医と交渉し、がん細胞を当院で責任を持ってお預かりさせていただいております。