がん免疫治療 がんと免疫についての基本的な知識
がんと免疫の関係とは
がん免疫治療と三大治療
がん免疫治療にはどのようなものがあるのか
生活習慣の改善による免疫力の維持・向上
機能性食品による免疫細胞の活性化
BRM(生体応答調整剤)治療
サイトカイン(免疫生理活性物質)治療
免疫細胞治療 LAK治療
NK(ナチュラル・キラー)細胞
CTL(キラーT細胞)治療
DC(樹状細胞)ワクチン治療
がんと免疫の関係とは  「がん」とはストレスなどさまざまな環境要因によって体内に大量の活性酸素が発生し、その活性酸素が細胞中の遺伝子を傷つけ、変異した細胞が増殖することによって起こってくる病気です。実は、このような遺伝子の傷害や細胞の変異は日常的に起こっているのですが、人間の体に備わっている免疫の働きによって、ほとんどの変異細胞は駆除され、目に見える形にまで育つことはありません。
 しかし、免疫力が低下したり、免疫のバランスが崩れたりすると変異細胞の増殖を抑えることができず、いわゆる「がん組織」へと成長してしまうのです。「がん」の発生や増殖と「免疫」との間には深い関係があることが知られています。そこで、日々の生活を健康的に送ることで免疫力を高めて「がん」の発症を防ぎ、「がん」を患った場合にも免疫力で「がん」を縮小・死滅させようというのが、「がん免疫治療」の基本的な考え方です。
がん免疫治療と三大治療  現在、医療機関における「がん治療」は、手術、抗がん剤、放射線といういわゆる三大治療が主としておこなわれています。しかし、「がん」が進行して手術で取り除けないような状態であったり、他の病気で手術が危険な状態であったり、別の場所にも「がん」が発生するいわゆる転移が起こってきた場合などは手術の対象とならないこともあります。抗がん剤は大量に使用することで「がん細胞」を抑制する効果は高まりますが、さまざまな副作用により精神的・肉体的に大きな苦痛を伴うこともあります。放射線療法にも副作用があり、いずれも患者様の苦痛という点では課題があります。
 かつて、「がん」には「免疫」は働かないという考え方が主流の時代がありました。「免疫治療」についても科学的根拠のない民間療法として扱われてきました。しかし、近年、免疫システムについての基礎研究が進み、「がん」と「免疫」には深い関係にあるということが知られるようになりました。その結果、それら基礎研究に基づいた「免疫治療」をがん治療に応用する医療機関も増え、その有効性も確かめられ始めたのです。そして今、三大治療に加えた新たな治療法として、「免疫治療」への期待が高まっているという訳です。
 
 
がん免疫治療にはどんなものがあるのか  「がん免疫治療」は大きく2つに分けられます。ひとつは体内で免疫力を向上させ、加えて活性酸素による酸化傷害を取り除くことによって、「がん」の発症を防いだり、「がん細胞」の増殖を防いだりするもの。つまり、「がん」の予防や手術後の再発・転移を防ごうというものです。
 もうひとつは、体外で「がん細胞」を攻撃する免疫細胞を育てた後で再び体内に戻し、「がん細胞」を攻撃させようとするものです。「がん」の発生予防や再発・転移予防というだけでなく、現在体内に存在する「がん組織」の縮小、消失を図る。つまり、「がん」治療における免疫治療の中心的な役割を期待するものだと言えます。では、免疫治療にはどのような手法があるのでしょうか。
生活習慣の改善による免疫力の維持・向上
 バランスの悪い栄養や乱れた食生活、添加物の摂り過ぎ、過度の飲酒や喫煙、慢性的なストレスなどは体内の免疫力を低下させる原因になることが分かっています。生活習慣を改善することによって免疫力を高め、活性酸素による酸化傷害を抑えることは最も基本であると思われ、免疫治療というより療法と呼ぶ方がふさわしいかもしれません。
機能性食品による免疫細胞の活性化
 アガリクスや霊芝などのキノコ類や乳酸菌などに、体内の免疫細胞を活性化する働きがあることは一般的にもよく知られています。また、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンE、ポリフェノール、カロチン、グルタチオンなど、抗酸化食品と呼ばれる、体内で発生した活性酸素を除去する目的のサプリメントも広く使用されています。「がん」に効果があると言われるサプリメントはだいたいこの2つのグループに分けられるようです。このようにサプリメントの摂取も広い意味では免疫治療のひとつだと言えます。
BRM(生体応答調整剤)治療
 BCGが引き起こす免疫反応が、「がん」を縮小させるとの報告から、免疫を増強したり調整する物質の研究が始まりました。主にBCG、PKS、OK-432、レンチナンなどがありますが、それらを総称してBRMと呼んでいます。しかし、BRM単独では効果が少なく、多くは他の「がん治療」と併用されています。
サイトカイン(免疫生理活性物質)治療
 サイトカインは、免疫細胞が放出する物質で目的に応じて免疫細胞の働きを強め、免疫細胞の数を増やします。サイトカインを直接体内に注入する治療が試みられましたが治療効果が出るだけの投与量では、副作用が強すぎるという重大な欠点があります。現在は、限られた「がん」種にのみ使用されています。
免疫細胞治療              
 免疫システムの主役である免疫細胞そのものを外で培養・増加させて、体内に戻してあげる治療法です。免疫細胞の種類などによって手法が異なります。ここでは、代表的なものを4つご紹介しました。
LAK治療
採血後の血液中に含まれる各種のリンパ球を約2週間成長因子にて刺激、培養することによって、活性化したリンパ球を大量に増やし、体内に点滴で戻す方法です。もっとも一般に普及している免疫細胞治療で、がんの再発・転移予防に効果が認められます。
 また、「がん組織」に直接注入したり、がん性腹水・胸水が貯留した患者様の腹腔や胸腔に投与することで効果が上がる場合があります。
 ただ、がん患者さまは、免疫のバランスが負に傾き、がんを攻撃しようとする免疫細胞の働きを抑える免疫細胞(負の免疫、サプレッサーT細胞)が活性化され、がん細胞を認識して攻撃する「自己がん細胞特異的キラーT細胞(以下、キラーT細胞)」が少ない場合が多く見受けられます。このように免疫バランスの崩れた患者さまには、効果が出にくいという欠点があります。
NK(ナチュラル・キラー)細胞
 採血後の血液中に含まれるリンパ球のうち、NK細胞のみを選択的に約2週間かけて増殖させ、点滴で体内に戻す方法です。再発・転移予防には効果が認められるとの報告があります。また、原発巣より転移巣の方が効果が高いとも言われています。
 しかし、NK細胞がどれだけ「がん細胞」に向かって行っているかは不明な点も多く、LAK治療との有効性の差は明らかではありません。
CTL(キラーT細胞)治療            
 採血後の血液中に含まれる各種のリンパ球を自己のがん細胞で刺激すると、がん細胞のみを標的に攻撃するリンパ球が現れます。そのリンパ球を「キラーT細胞」と呼びます。そして、その「キラーT細胞」を約2週間成長因子にて大量に増殖させ、体内に点滴で戻す方法がCTL治療です。CTL治療は、再発・転移予防のみならず、ステージ4と言われる再発・転移のある「がん」の患者様にも効果を発揮します。最も効果が期待できる免疫細胞治療と言えるでしょう。
 しかし、自己の「がん細胞」が必要という点で、治療対象者が限られてくるということが、大きなデメリットとなっています。また、採取した「がん細胞」の量が少ないと、まず「がん細胞」の培養から始めなければなりませんが、「がん細胞」の培養が困難な場合もあります。自己の「がん細胞」が入手できない人に、「がん細胞」の代わりに人工抗原を使って治療を行なう場合もありますが、やはり自己の「がん細胞」を使用した方が高い効果が得られます。CTL治療を行なうためには、いくつかのハードルをクリアしなければなりません。
 
DC(樹状細胞)ワクチン治療
 樹状細胞は抗原提示細胞とも呼ばれ、樹状細胞が「がん」の情報をリンパ球に伝え、体内でCTLが作り始められると、「がん」に対して効果が発揮されます。「がん」の情報を持った樹状細胞を対外で大量に作り、体内に戻そうという治療法です。CTL治療と同様に自己「がん細胞」が必要となります。自己「がん細胞」が手に入らない人は人工抗原を使用する場合もあります。
 「がん」の再発・転移予防には効果が発揮できると思われます。しかし、「がん」がかなり進行した患者様の場合は、体内でこちらが期待するほどのCTLが増えず、進行した患者様においては、延命効果は期待できるものの劇的効果は少ないと思われます。
※「免疫細胞治療」に共通して言えることは、副作用が少なく体に優しい治療だということです。むしろ「免疫細胞治療」によって体調がよくなるケースも稀ではありません。しかし、いずれの「免疫細胞治療」も保険適応とならず、大変高額な治療費がかかってしまいます。