がん温熱治療 ハイパーサーミアの原理
がんはなぜ熱に弱いのか
ハイパーサーミアと従来のがん治療
加熱の仕組み
ハイパーサーミアの原理  がんは、手ごわい相手ですが、無敵ではなく弱点もあります。がん組織は正常組織に比べて熱に弱いことが世界の科学者によって証明されています。がん組織は41.5℃から44℃程度の温度で死滅します。

 がんは身体の表面から深い臓器に至るまで、ほとんどの組織にできる病気です。温水などの普通の加温では、所定の温度(41.5℃以上)に高めることは不可能ですが、高周波エネルギーを巧みに利用することによって加温が可能です。また、高周波をがん組織と正常組織に同時に加えても、正常組織は血管が拡張して血流が増えて放熱しやすいが、がん組織はほとんど血管の拡張がなく、血流が少ないため、蓄熱しやすく、正常組織に比べて高い温度が保てます。この特性に着目し、研究を重ねた末、生まれた治療法が高周波ハイパーサーミア(温熱治療)です。
がんはなぜ熱に弱いのか  がん細胞は一般的に血流不足。酸素不足のために代謝が変わり、乳酸がたまって酸性に傾き、そのため熱に弱くなります。がん細胞は相互に連絡が悪く、正常細胞のように高温に耐えられないので、死滅します。
ハイバーサーミアと従来のがん治療  現在のがん治療には、外科治療、化学治療、放射線治療、免疫治療、そして最近開発された高周波ハイパーサーミア治療があります。高周波ハイパーサーミア治療は従来の治療との併用も行うことが可能です。

ハイパーサーミア治療は、正常細胞にダメージを与えることなくがんの病巣のある領域を治療することができます。そのため、従来見られるような副作用や後遺症などがほとんどなく、何回でも治療を受けることができる、理想的な治療法として注目されています。
加熱の仕組み 身体の奥深いところにできる臓器のがんは、どのようにして目的の温度に加温するのでしょう。
がん病巣を中心に、体表から二極の電極盤ではさみます。そこから出る高周波(通信等で使われているラジオ波)が、生体分子(双極子)を1秒間に800万回の回転を起こさせ、その摩擦運動によって自己的に発熱が起こる仕組みです。

正常な血管は、熱が加わると膨張して放熱しますが、腫瘍の中を通る血管は膨張できないため、高熱を帯び、死滅していきます。