びわ温熱療法イメージびわ温熱療法イメージ
フラワーエッセンス療法は、1930年代、イギリスの医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって考案された「植物のエネルギー」を利用する癒しのシステムです。
独自の製法で作られたフラワーエッセンスを飲み物に入れて薄め、いただきます。
イギリスではポピュラーな伝承療法で、薬局などで売られています。また、多くの国々へも広まり、使用している医療施設も増えつづけています。

植物の持つエネルギーが心や感情に作用します
アロマテラピーが「植物の成分」を利用して心身に働きかけるのに対して、フラワーエッセンスは「植物のエネルギー」を利用する点が大きく異なります。直接、身体の症状に作用するものではありませんが、心の状態が改善されることによって、心身の健康を導きます。

否定的な感情を解消し、自己治癒力を高めます
バッチ博士は、「病気は、魂と意思との葛藤の結果である。」と著書に記しています。フラワーエッセンス療法イメージ1心や感情のアンバランスは、否定的な感情となって表れます。その否定的な感情を解消し、心の平和へと導いてくれるのが、フラワーエッセンスです。
心や感情のバランスを取り戻すことによって、私たちは自ら癒され、健全な状態に戻ることができるというのが、バッチ博士の哲学です。

 

フラワーエッセンスは、自分で選びます
38種類のエッセンスの中から、自分の感情に適したものを選び出します。複数の種類を同時に使うこと(6~7種類まで)も可能です。当院では、セラピストがエッセンス選びのお手伝いをいたします。

フラワーエッセンスの飲み方に厳密なルールはありません
フラワーエッセンスイメージ2自分の感情にあったエッセンスを数種類(6~7種類まで)調合したトリートメントボトルをつくります。そのトリートメントボトルから1回に3~4滴、1日4回程度、ミネラルウォーターや好みの飲み物に入れて飲みます。副作用もありませんので安心してご利用いただけます。


フラワーエッセンス療法とサイモントン療法
サイモントン療法では、否定的な感情に対処する方法として「ビリーフワーク」という作業を行います。自分の不健全な考え方を健全な考え方に変えていくというものです。否定的な感情(不健全な考え方)に焦点を当てるという点で、フラワーエッセンスを選択する過程と共通しています。ですから、これらの二つの療法を同時に行うことは、より効果的であると考えられます。

患者さまの個性にあわせた「心の平安」を大切にします
がん治療において心の平安を保つことはとても重要なことです。しかし、多くの患者さまが、心を癒すことが、直接、健康を取り戻すことに繋がるとは思われないようです。当院では、すべての患者さまに対して、心理的アプローチを行っています。治療中の会話やカウンセリングに至るまで、患者さまの治る力や生きる力を引き出すことに努めています。「病気を持っていても幸せを感じることができる」そういう思いこそが、回復への近道だと考えています。

フラワーエッセンスの参考書籍
バッチ博士の遺産(バッチホリスティック研究会刊)
エドワード・バッチ博士著

バッチの花療法 その理論と実践(フレグランスジャーナル社)
メヒトヒルト・シェファー著 林オサダ訳

ニールズヤード式フラワーエッセンスLesson(河出書房新社)
レイチェル・カーター 小林直美 監修

びわ温熱療法イメージ びわ温熱療法イメージ